精神的に辛い症状を背負っていて、周りの人のように週5で働けない。

でも、生きていくためには、懸命に働かなくちゃいけない。

こんな、病気と仕事の板挟みに遭って、常に苦しい想いをしている人もいるのではないでしょうか。

今回は、自分のペースで働けるお仕事を紹介していきたいと思います。

まずは自分のペースで働くことが大切なのかもしれない

障害や病気を抱えている人の中には、週5で働くことが難しい人もたくさんいると思います。

私はフリーのお仕事をしていますが昔、仕事のし過ぎで、数年前からまともに仕事ができなくなりました。

ここで、病気と仕事の板挟みに遭っている人に、伝えたいことがあります。

もし、可能なのであれば「週5で働くことではなく、自分を受け入れて、自分のペースで頑張る努力をしてみてはいかがでしょうか。

周りの人と同じように働くことができない自分を許せずに無理をする努力じゃなくて

まずはゆっくり、マイペースでお仕事をしていき、少しづつ回復させながら、レベルアップしていく。

このような努力が大切なのではないでしょうか。

周りの人とは違うこと、周りの人のように働けないことを受け入れる勇気を持ち、そのうえで、自分に合った働き方を考えてみてはいかがでしょうか。

といっても、正直「これができる人は少ない」とも思っています。

頼れる人がいない、助けてくれる人がいない

休みたいけど、病気を治したいけど、今を生きるためには、無理をしてでも働かなくてはいけない。

生きるために、背負うのが難しいほど、重い現実を抱えて生きている人が、多いと思います。

こちらから、あなたにあった働き方を元に、好きなペースで働けるお仕事を探してみてください。

アルバイトから探していくのも、もちろんですが

障害者就職支援サービスのdodaチャレンジさんに、週に3日からお仕事を始めていきたいと要望を伝えることもできます。

今一度考えてほしい、自分の背負っているものを少しでも降ろす方法がないのか

今から、私は人によってはとても辛い事を言います。

  • もし、自分が病気であることを家族に打ち明ける
  • 仕事を減らしてでも自分に優しくする
  • 周りに病気であることをあかし、障害者年金の受給をお願いしてみる

このような選択肢を、少しだけ考えてみてほしい。

ただ、このような選択肢を取れない人が多いとも私は思っています。

全ての家庭、職場の人間関係が必ずしもいいわけじゃない。

頼れるなら最初から頼ってるという人が多いと思います。

そのうえで、周りの人に自分の弱さを見られることを、もし良しとできることがあるのなら

少しだけ、自分が抱えているものを、もし降ろせるのなら、降ろすことも考えてみてください。

実は週3・4で働けるお仕事が流行ってる?

実は、これはニュースで知った話なのですが

週3・4で働くことを専門とした派遣企業さんができたようです。

そのニュースの話によれば、今このような週3日など、自分の時間を大切にする働き方がとても流行っているそうです。

実際、求人サイトを見てみると週3・4などから働けるお仕事というカテゴリが用意されていますから、マイペースに働けるお仕事もちゃんとあるようです。

YourLifeは、障害や病気を抱えている人に、様々な働き方や生き方を紹介するサイトではありますが

ほかにも、いろんな人の力になるサイトへ成長させていきたいと思っています。

現在、私が提携していただいている広告は3つで、週3・4で働くことを専門とした就職支援サービスとの提携ができていませんが

障害者さんの就職支援サービスdodaチャレンジでは、週3・4から働き始めたいという要望も聞いてもらうことができるそうです「電話で確認済み」

また、アルバイトの紹介サイトもありますので、こちらで週3・4で働けるお仕事を探してみてもいいかもしれません。

もし、あなたにとって、この働き方がプラスになるのであれば、活用してみてください。

こちらから、あなたにあった働き方を元に、好きなペースで働けるお仕事を探してみてください。

アルバイトから探していくのも、もちろんですが

障害者就職支援サービスのdodaチャレンジさんに、週に3日からお仕事を始めていきたいと要望を伝えることもできます。

最後に

私は、この記事で週3・4からと言いましたが

週1日も働くことが難しい人もいると思います。

私も、壊れて、2ヵ月仕事ができないこともあれば、1週間全く仕事ができないことも当たり前にあります。

それでも、そんな自分の人生を、生きていくためには。自分を受け入れるしかない。

もし、この記事を読んでいただくことで、あなたに悲しい想いをさせてしまったら、申し訳ありません。

いろんな働き方・生き方をいっぱい書いていきますので、どうかあなたにとってプラスになる生き方を見つけてみてください。